0d317e963e07da7b25c149543312d23a_s

前回、不動産投資のメリットをご紹介しました。

今回は、不動産投資を失敗しないためにもリスクについても

しっかり知っておく必要があります。

そこで不動産投資の代表的なリスクをご紹介いたします。


<不動産投資のリスクとは?>

不動産投資のリスクとしては以下のようなリスクが考えられます。

・空室リスク
・自然災害リスク
・金利上昇リスク
・家賃滞納リスク
・家賃下落リスク


①空室リスク

不動産投資は、基本的に入居者が入ることで、

賃料(家賃)を得て、その賃料でローン返済金額を相殺することになります。

そのため空室が続いてしまうと、不動産投資をするメリットが薄れてしまいます。

また長期で空室が続いてしまうと、家賃が下がってしまうリスクもあります。

これは同じ家賃で募集を続けても、空室が長期間続いてしまうようであれば、

周辺の家賃相場よりも家賃を下げて募集する必要があるためです。

そのため、入居率の高い不動産会社選びや、入居者の付きやすい

エリアを選ぶことがリスクを低減させるのに重要となってきます。


②自然災害リスク

不動産を持つ上で心配なのが、地震などの自然災害です。

せっかく高い費用を払って不動産を購入しても、

自然災害で建物自体がダメになってしまっては、資産運用も何もありません。

そのため、不動産購入をする際、建物の築年数が重要となってきます。

結論から述べてしまうと、1981年以降に建てられた建物であれば、

自然災害(特に地震)の不安は軽減されます。

1981年に耐震基準法が改正されたことにより、

それまでの耐震レベルよりも高い基準で作る決まりになったため、

1981年以降に建てられた建物であれば、震度7程度の地震であれば

倒壊の心配はほぼありません。

またそれでも心配な方は適宜地震保険に加入するなどすることで

リスクの低減が図れます。


③金利上昇リスク

一般的に、不動産を購入される場合、銀行から融資してもらって

購入するのがほとんどだと思われます。

そのローン返済の際に、ローンの金利が上昇すれば

返済額が増えていってしまいます。

そのため、購入前にローンの金利が上昇しても

返済可能なシミュレーションをしておくことが重要となってきます。

また、繰り上げ返済をするなどして、返済期間を短くすることでローンの

返済額を少なくするなどの対策も可能です。


その他に家賃滞納リスクに関しては、しっかりした管理会社に管理してもらうことで

リスクの低減が図れます。

もし、不動産投資に興味のある方は、不動産投資のリスクに関しても

念頭に置いて検討してみてください。