bitcoin-1813503_1920

2017年以降、ビットコインやリップルというワードが

頻繁にニュースに表れてから、話題に上がるようになった

仮想通貨(暗号通貨)。

何となくはわかるが、何となくの域をでない仮想通貨(暗号通貨)。

そこで今回は「仮想通貨(暗号通貨)」についてまとめてみました。


<仮想通貨と暗号通貨って同じ意味?>

ニュースでは仮想通貨や暗号通貨と呼ばれていますが、

そもそもこの2つって同じ意味なのか、

そこからよくわかっていない方も多いと思います。

結論から言うと、この2つは厳密には違う意味なのですが、

今ではほとんど同じ意味で使われています。

つまり「仮想通貨≒暗号通」ということです。

仮想通貨とは英訳すると「virtual currency(ヴァーチャル・カレンシー)」

と表します。つまり紙幣や硬貨と違って実物がなく、

ヴァーチャル=インターネット上でやりとりされるお金全般を指します。

そのため厳密に言うと仮想通貨にはSuicaやPASMOなどの電子マネーや、

オンラインゲームで使用されているお金なども含まれます。

一方暗号通貨とは英訳すると「crypto currency(クリプト・カレンシー)」

と表します。これはブロックチェーンという高度な暗号技術によって

安全に管理されたお金のことを指します。

つまり、厳密には仮想通貨の中で暗号技術を用いて安全性が確保されたものを

暗号通貨と呼ぶようです。

※以下、仮想通貨=暗号通貨としています。


<仮想通貨の種類はどのくらいあるのか?>

テレビでビットコインやリップルなど様々な仮想通貨の名前を聞きますが、

そもそも仮想通貨ってそんなに種類があるものなのでしょうか。

現在、仮想通貨は1,000種類以上あると言われているそうです。

そして、仮想通貨はビットコインと、ビットコイン以外の仮想通貨に分けられ、

このビットコイン以外の仮想通貨を「アルトコイン」と呼ぶようです。

(ビットコインは一番最初に登場した仮想通貨のようです)

アルトコインには知名度が低いものから、そもそも価値がないものまで

あるようです。


<仮想通貨の使い方>

①投資

日本での仮想通貨の使い方としてメジャーなのが

投資商品として扱われることではないでしょうか。

仮想通貨の中には価格変動が大きいものが多く、

株や為替のように安値で仮想通貨を仕入れ、

高値で売却することで売買益を狙うなど

投資商品としてのイメージが強いです。


②買い物

仮想通貨はSuicaやPASMOなどの電子マネーと同じように

買い物で代金を支払う際に使うことが出来ます。

また、公共料金なども仮想通貨で決済することが出来るようになったりと

着々と仮想通貨が浸透しているようです。


③送金

仮想通貨は普通のお金に比べて送金コストが低いので、

海外の送金にも活用されているようです。


まだまだ日本での普及率は高くない仮想通貨ですが、

今後どんどん利用できる場面が多くなってきそうです。

そんなときに、よくわからないから使えませんだと

どんどん世間一般から取り残されて行ってしまうので、

取り残されないように少しでも勉強していきましょう。

今回は、まだまだ勉強しがいのある

仮想通貨についてまとめてみました。